スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告

11月19日 鹿児島→沖縄(船)

2002年11月19日
生まれて初めての沖縄。当然24時間も船に乗るのも初めてで暇。船の揺れが結構激しいのでパソコンや雑誌を見ると酔ってはきそうになります。でとりあえず船探索。


ぐるり。


クイーンコーラルという名前の船。結構な大きさで売店、食堂、海の景色を楽しみながら入ることのできる風呂もあります。


甲板から見渡した景色。奥の方に船がうつっています。ひたすら海。


途中、奄美大島や徳之島などに寄港。どんどん景色が変わっていきます。


すでに南国の雰囲気満点にいてもたってもいられないコーギー君。

ところで普通沖縄へ行くとき飛行機を使います。その方が断然はやいし、値段も安いからです。パック旅行とかだと東京からでも2万くらいで宿付き3泊4日とかがあります。しかし僕はどうしてもたかはし(カブ)で沖縄を走りたかったため断念しました。なので船で24時間を選択しました。

そんな中、他にもバイクで船に乗り込んでいる方達がいました!二人組の若い方とメガネに帽子姿の若者。

普段は自分から声をかけることはあまりないのですが、あまりの暇だったのも後押しし、声をかけました。何気ないこの行為が、これからの沖縄旅行を一変させるなんてこのときは全く考えていませんでした。

彼らは屋上のベンチですでに酒盛りをしていて、すぐ打ちとけました。二人組の名前はマサルさんとヒロ。革ジャン、ジーンズにブーツを着用し、見るからにライダー。対する僕はスキーウェアで歩くとシャカシャカ。マサルさんは結婚をされていて8月に富山を出発し、途中北海道を通ったときにたまたまヒロと出会い意気投合。その後いったん別れ、要所要所で集まったりして、九州でまた合流
し、一緒にまわっているのだそうです。

もう一人のメガネ君(名前聞いてない)は栃木からひたすら南下しこれまた旅の途中で知り合った人たちが沖縄に一足先に来ているので合流するために船に乗りこんだのだそうです。


みんな年齢が近いのもあってすぐ盛り上がった。みんなの話めちゃくちゃおもろかったです。和歌山の白浜が真っ白で綺麗だったとか阿蘇山の道がため息出るほど素敵な景色だったとかいっていました。


二人の主食は食パンとマヨネーズ、ケチャップ。うーんいい勝負だ。


船の揺れで湯船に半分くらいしかお湯がありません。

結局8時間くらい話し込み風呂入りました。そうこうするうちに船に乗って二度目の夜が訪れ沖縄本島が見えてきました。


島全体が灯りに包まれていました。いよいよです。胸がドクドク鳴ってます。初めての沖縄。

メガネ君は一つ前の沖縄北側の港で降りていきました。ハーレーにまたがり去っていく姿はかっこよかった。



そしてついに、僕らも那覇市に上陸。

うおー!暖けー!

夜も遅いので今夜は二人についていくことにしました。このたび始まって初めての団体行動。マサルさんもヒロも1000ccをこえるでかいバイクなのでたかはし号にあわせるのが大変そう。



3人ともバイクの後ろに同じような入れ物が乗っかっています。

富山、北海道、愛媛と三人ともバラバラの出発だったのにこうやって出会うんだから旅はおもしろいです。3人とも沖縄初めてで知識は全くのゼロ。コンビニで情報収集し、今夜のテーマは「南の丘で獅子座流星群を見る」に決定。
途中道を間違いながらも公園で寝ることに。


で肝心の流星群なのですが空はあいにくの曇り空。たまに星空がのぞくもののごくわずか。ヒロと僕は以前見たことがあるので屋根の下で寝ました。一方のマサルさんは


意地でも見たいとのことで公園のど真ん中に寝袋一丁で寝てました。子持ちのくせにだだった子だ。雨ふれ、ふれ!
テント張らずにTシャツ寝袋。

Tシャツで寝られるなんてさすが沖縄。そんなわけで初日終了。

-----------------
コンビニでおもろいもの発見。


まさしくサンパチ弁当!


塩おにぎり60円。


裏を見ると「忍法帖」の文字。
さすが沖縄だぜ。


0 Comments カテゴリ 記事
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
アバウト

プロフィール

カテゴリ
してみました一覧
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。